You Tubeに投稿した動画
 キャンプ日記 2018
7/29(SUN)
この日は台風の進路が定まらない迷走台風が来ていました^^

尾瀬全体の駐車場などのアクセス情報
尾瀬第2駐車場

尾瀬第1・2駐車場、尾瀬戸倉駐車場情報

この画像は、第2駐車場。1日1000円かかります。 
バス\980 乗り合いタクシー\980同じで、鳩待峠まで行けます。
2組ぐらい、乗車券売り場にいると来てくれるみたいです。
   
鳩待峠の駐車場です。
駐車料金、尾瀬のHPでは、1日\2500としかありませんが、2016年に行った時は、平日だったんですが、2日目からは\1000でした^^3日間停めると\4500。
尾瀬1・2駐車場から来ると駐車料金\3000+タクシーバス代\980X2=\1960 合計\4960
マイカー規制要注意^^;
テント泊で、至仏山に向かうには、重い荷物をここの駐車場にある車に置いていけると楽なんですが、至仏山から山ノ鼻(尾瀬ヶ原)へは登り専用路のため行けないので要注意です。
   
1日目 7月29日(日)の行程
尾瀬第2駐車場→鳩待峠→山ノ鼻→竜宮→見晴キャンプ場→元湯山荘(温泉)→見晴キャンプ場

2日目 7月30日(月)の行程
見晴キャンプ場→尾瀬沼→見晴→山ノ鼻キャンプ場
   
2016年にも来た見晴キャンプ場

尾瀬沼や燧ヶ岳、三条ノ滝などに行くベースキャンプ地として使えます。
     
7/30(MON)        
朝の見晴、弥四郎小屋からの至仏山^^

     
尾瀬沼
見晴からコースタイム2時間20分ぐらいの沼尻あたりからの尾瀬沼^^
山登り大大大+超大嫌いな妻が、この画像見て、この景色を見るために筑波山から始めると言いだしました\(◎o◎)/!
ここまでくるには、筑波山より楽だと思いますがwww 
JRや東武鉄道でやってる、「駅からハイキング」みたいのから始めたいと思います^^
後でREPORTSしたいと思います^^
   
写真撮り忘れたので^^;
「山ノ鼻キャンプ場」画像は、2016年の見晴キャンプ場REPORTのものです。
     
今回は、向こうの建物のちょっと手前にテントを張りました。
その建物の右にある「至仏山荘」で受け付け、お風呂、弁当、生ビールなどいただけました^^
自炊もあいてるベンチでできました^^
     
炊事場      
トイレは、公共の水洗トイレがあります。      
7/31(TUE)      
山ノ鼻そばの朝^^      
朝食は、あいてるベンチで自炊^^      
はじめての至仏山登山
要注意なのは、山ノ鼻側からの至仏山登山は、登りのみの一方通行とトイレがありません^^;
直登で、滑る蛇紋岩(じゃもんがん)の山なので、要注意です。でも蛇紋岩は、普通の植物が育ちにくい土壌を作るそうなので、他の山では見られない植物がたくさん見れるそうです^^

至仏山から小至仏山に向かう稜線歩きは想像以上によかった思います^^直前に行った立山に劣らぬところがかなりありました^^
   

トレッキングやウォーキングなど、動いているときに使っていいるのは、SONYの4Kアクションカム、FDR-X3000です。ブレが少ないのが特徴です^^

停まっているときに使っているのは、同じく4Kが撮れて、高感度、防水水深15m対応。防塵、耐衝撃2.1m、耐低温−10℃、耐結露のOLYMPUS Tough TG-5

2台ともなかなかいい感じです^^
   
素晴らしい非日常の連続でした^^

できれば来年、妻を連れてこれればと思います^^
     
 キャンプ日記 2018  
'18 見晴キャンプ場

福島県会津郡檜枝岐(ひのえまた)村燧ヶ岳1番

2016 見晴キャンプ場 CAMP REPORTS