7/26(WED)
 
初心者ソロ雨の北アルプス
その3
蝶ヶ岳
朝、横尾山荘(標高1620m)を出てすぐの蝶ヶ岳へ向かう分岐。
もう一方は槍ヶ岳へ。(今回最初は初心者にもかかわらずこちらを計画していたんですが^^;)
今日も雨が降ったりやんだり^^;
絶対誰かがイヤガラセしてますねw
「槍見台」という休憩できる場所
コースタイム30分ですが、1時間ほどかかりました
私的にかなり急登です
 
そこから「槍ヶ岳」が見えるんでしょうが・・・
誰かがイヤガラセをA・・・w
 
その次のベンチ。
とにかくこの75Lのバックパックが重い^^:
休むのも大変、両手で持ち上げるのが精一杯なので。
 
どこかで少し山並みが見えました^^  
蝶ヶ岳まで3km
第2ベンチとありますが、座るところはこの丸太だったかな^^;
YouTubeには第7ベンチと書いてしまいました^^;
 
その後もいくつか休憩する場所が^^

蝶ヶ岳に行くルートはいくつかあると思いますが、明日下る長塀山(ながかべやま)にはほとんどなかったと思います。
 
ここに来る前、毎日スクワット200回、腹筋背筋100回やっていたんですが、コースタイム2倍を築きながら、森林限界が見えてきました^^

森林限界など、登山の情報は、本、NHKの日本百名山とかとYou Tubeで得ました。モンベルの店内セミナーとかもお世話になりました^^ 
 
初めて見る?
ハイマツの実?が赤い^^

けっこうきれいだなと思いました^^
近くにホシガラスいないかなと思いました^^
 
あれに見えるは常念岳と蝶ヶ岳の分岐^^  
字がかすれてしまってて、読めません
なんとか蝶みたいな字の感じが・・・w
迷ったらどうすんだよと密かに思いながら、この標識が読めなくて迷うようならこの先ヤバイと思いましたw
ここの標高2625m
蝶ヶ岳頂上は、2677m
差がたった52mですが、アップダウンもあり、けっこうありましたw 
この後、下、雪ではないんですが次の標識とか見えなくなり、ホワイトアウト(wikipedia)っぽくなりました^^;  
コンパスや地図が必要な時に、今回使ったのが、iPhoneのアプリの「山と高原地図」。現在地と向いてる方向と、標高と登山地図(有料1枚500円)上の位置などがわかり、機内モード(省エネ)で使えます。大変便利で有効ですが、電池切れや落としたりの壊した場合も想定できますので 、地図とコンパスはもちろん持っていきました^^
こういうのルートファインディングっていうんですか?
ヤバイな(不安、疲れなど)と思ってる時、この人(?)達に遭いました。
鳴き声で気づきました^^
悪天候だと現れるということですよね、ラッキー^^
 
お子様がいらっしゃいました^^
カワイイ!!!
鳴き声はお子様を呼んでいたんですかね
癒される^^
過酷な山に生きている^^
今の自分のつらさは全て忘れました^^出会えてありがとうです^^
 
ガスの向こうに蝶ヶ岳ヒュッテが見えてきました^^
ずっとこんな天気です^^;
自然は、もっと登山初心者に優しくしてほしいものですw
次の意欲につながるじゃないですか、
自分の場合、あんまりかわりませんがw
 
蝶ヶ岳ヒュッテ。
普段のCAMPREPORTSに比べて余裕がないので、画像も限られてます^^;真夏にストーブがあったりの、食堂?
奥にキャンプなどの受付兼売店^^
この左の方に臨時診療所もありました^^
10名以下は予約の必要ないそうです^^公衆電話ありました。最低\300なので100円玉用意です^^ここで徳沢ロッジに明日の空きの確認しました^^
不便なんです^^
でも、この不便さが癖になるというかアウトドアフリークの楽しみの「非日常」なんです^^ 
テント場利用者は、朝夕食食べられません。お昼と弁当はOKです^^
水は貴重です

飲料水200円
お湯300円
お茶400円/L
 
まだ、雨が降ったりやんだり、明日も雨の予報なんですが、さすがの軟弱キャンパーもここでキャンプせずにどこでキャンプするんだとばかりにCAMPに決定
テントは画像がありませんが、モンベル ステラリッジテント1

一応、自分がCAMPした最高標高2666mくらいではw
すぐ上が山頂の2668m^^ 
30張張れる標高2600m以上のキャンプ場ですが、虫が多い^^;特にこの植物のそば^^;このせいで場所移動している方いました。確かに食事準備中はもちろんですがテントの中にすぐ入り込むのでメンドイですよね^^;雨が続いていることも影響してるかもしれませんね。虫がテント内に入らないように、ヒュッテの自炊スペースを使わせてもらいました^^ 
そして、けっこう傾斜してますね。ファミリーキャンプではあり得ない角度のところが多いというかほとんどですね^^;
頭が上になるようにして、どうでもいい荷物を置いて下の方を高くして、寝ている間にずり落ちないようにしました^^
テントの張り終わった状態、虫と雨で焦っていたので写真撮るの忘れました^^
 
トイレです。
中見たいひとだけ


山頂付近にあるわけですから、もちろん水洗とかはあり得ませんw
 
手洗い用の水桶^^

水は貴重です^^
 
ヒュッテで泊まる人で自炊の人(この日いませんでしたが)とテント泊の人が無料で使える自炊スペース^^
室内で火が使えて、耐火のテーブルが2つあり、かなりいいなと思いました。山岳初心者なので他あまり知りませんが^^
 
値段忘れましたが、ここの売店の氷結レモン超美味かったw
缶なのでどこも味は同じでしょうが、急登7時間半の心地よい疲れがおいしく感じさせたのでしょう。
実際にキャンプ等で使うの初めてのSOTOウインドマスターSOD-310
ファミリーキャンプでは、普通のカセットガスが使えるST−310を使ってました。こいつもレギュレーターがついていたので寒い季節もけっこう使えたのですが、これも60g(ガス缶別)でレギュレーター付き風にも強い(ここは風ないですがw)。
え、もう沸いたの^^って感じでした^^
 
ドライフードは、はっきり言って美味しくないw
具がほとんど入ってないのでw
とはいえ、水でも作れるのはすばらしい^^
 
で・・・サタケの牛飯にアマノフーズの牛とじ丼をかけますw
私は山初心者です、間違ってないでしょうかwww
 
メッチャおいしいのであっという間に完食wwwでこの容器無駄にせず(ゴミ持ち帰るので)、味噌汁を入れて飲みました^^これも普段ならそこらへんにゴミ箱があるでしょうが、これも非日常なんです^^ゴミを持ち帰ることを考えて装備も計画しました^^
もちろん、緊急時用の食料も必要ですよね^^
 
ヒュッテの太陽光発電と雨水を貯める装置ですか。
今年の夏はかなり貯まったのでは。
この後関東では、40年ぶりぐらいの雨続きでしたので^^;
 
画像が青っぽいのは、テントのフライシートが青のため^^
売店で「蝶ヶ岳」という清酒売ってたのでテントで一杯^^
つまみは、今日の行動食のコストコのナッツ(いろんなナッツ集合)、たんぱく質とエネルギーいっぱいでいいかなと^^
 
7/27(THU)    
朝、テントの中の気温約20℃
夜明け前、見た時は18℃だったと思います
 

今日も雨^^;

朝も自炊スペース借りました^^
 
計画では常念岳に行ってもう一泊するつもりでしたが、この天気は天気は変わりそうもなく、眺望も期待できないので、下山して徳沢に向かうことのにしました^^;
そういえば、まだ蝶ヶ岳の山頂に行ってませんでしたwww
テント場のすぐ上です^^
標高2677m
 
帰りは、長塀山を通って徳沢に向かうつもりです。
横尾山荘から登るルートにも花はあることはあったんですが、
 
こっちはすごかったです^^  
花の向こうに雪もあったし^^
 
名前とかよくわからないのでまとめて出します  
 
   
画像ではよくわかりませんが、道の両端にお花がズラット  
ここも  
妖精ノ池にもお花が^^  
別角度から  
長塀山上の方は傾斜がゆるやかで、道がグチャ×2なところが多かった^^;  
^^  
長塀山(ながかべやま)
標高2565m
蝶ヶ岳→徳沢は6.2kmってことですね
 
グチャ×2^^;  
ギンリョウソウ?  
徳沢登山口に戻ってきました。
標高1562m
蝶ヶ岳からの下りのコースタイム3時間ですが、6時間かかりました^^
コースは下に行くほど急な感じでした^^;
「初心者ソロ雨の北アルプスその4」徳沢キャンプ場REPORTに続きます^^
 
CAMP REPORT  キャンプ日記 2017
CAMP REPORT
 キャンプ日記 2017
蝶ヶ岳ヒュッテテント場
初心者ソロ雨の北アルプスその3 5泊6日(3日目4日目)