8/4(THU) 2・3日目へ
まったく初めて行く尾瀬、しかも思い立ったのが4日前^^;
しか〜も、バックパックを背負ってのオートでないキャンプは初めて^^;
しか〜も、山小屋すら泊まったことがないのに2泊3日^^;急きょ、モンベルにいって必要なものを用意。
でも、データ不足もあり、どうなることやら^^;かなり不安ww
朝2時半起き、3時出発
平日とはいえ、駐車場もどれだけ混んでいるのかわからないし、あいてなかったら、尾瀬に行けなくなるのでやや早起き^^;山に行く人は、早くに出発するだろうし^^:
千葉は、朝3時でも気温27℃^^;  
   
↓5時43分第一駐車場に到着。約200km。気温は19℃^^
 ここは280台、第二は250台停められる。  駐車料金1日1000円。
 さらにここから出ているバスか乗り合いタクシーが片道900円約40分
 なので3日停めて、バスで鳩待峠まで行ってくると合計4800円
 バスの乗車券買おうとしたら、乗車券売り場のお姉さんが、上の鳩待峠駐車場があいてるので、そちらの方が安いんじゃないかと言ってくれたので鳩待峠駐車場に向かいました^^
   
   
鳩待峠駐車場は、1日2500円で合計7500円かかると思っていたのですが、2日目以降は1000円みたいでww3日間合計4500円。バスでの往復ないし、300円安いし^^
第一駐車場から約12km。気温は17℃。約30分でせした。
↓鳩待峠駐車場。約120台駐車可能。
 この辺の情報は、尾瀬 HIKING MANUALで^^ 
ここを尾瀬の出発点にしている人が一番多いそうです。
   
     
↓尾瀬駐車場出口あたりから。      
     
↓鳩待峠休憩所        
       
鳩待峠のトイレ        
霧の向こうに鳩待山荘(山小屋)^^;        
↓今日の予定です。
 鳩待峠→山の鼻→竜宮→見晴キャンプ場→三条ノ滝→見晴キャンプ場
 MAPは、尾瀬 HIKING MANUALのを写させてもらいました。
 見晴キャンプ場まで写真とりながら、55リッターのバックパック背負って、約3時間でした。下のマップだだと3時間15分かな^^
 見晴キャンプ場に到着後三条ノ滝に向かいました。
       
     
尾瀬ヶ原へ向かう道。
下に尾瀬以外の植物の種子などを落とす緑の足ふき?溝があります。
       
地面には、まだ水たまりがそこかしこに^^;        
尾瀬ヶ原に向かう木道。

だいたい下りです。濡れていてすべりやす^^;
霧も出てます^^;
       
そばに川が見えるところもあり^^        
いい雰囲気^^        
←これは名所の岩?

↓川がよく見えるところでぐるっと^^
       
   
↓夏は花が少ないので、今頃はすいてるらしいのですが、花がぼちぼち出て きます^^        
       
↓橋もありました^^      
     
↓ここにも花が^^        
       
鳩待峠から3.3km。山の鼻ビジターセンター。
約1時間くらいでしょうか^^
↓は、ビジターセンター前の「山の鼻キャンプ場」
 予約必要なし。申し込みは「至仏山荘」へ
 ちなみに今日泊まる「見晴キャンプ場」も予約必要なし。
 尾瀬に3つあるもう一つの「尾瀬沼キャンプ場」は、「尾瀬沼ヒュッテ」に予約を^^
 どのキャンプ場も宿泊料金一人800円のみ^^
   
   
「山の鼻キャンプ場」の水場。        
山の鼻のトイレ。

チップ制です^^
       
       
「至仏山荘」

けっこう山小屋でも食べるものあるんだと安心しました^^
山小屋も泊まったことないので^^;
     
     
↓至仏山荘前のベンチ
 さああああ!!!尾瀬ヶ原へ出発です(^O^)
   
   
尾瀬ヶ原へ
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
       
「尾瀬ロッジ」        
尾瀬ヶ原へ出る直前、クマの目撃情報の看板^^;
熊除けのがあるところもありました。
熊除けの鈴、鳩待峠などで売ってます。
       
↓少し行ったところで、至仏山からガスがかかった燧ケ岳(ひうちがたけ)までぐるっと^^  
 
また、花を見つけました^^        
       
↓まだ、雲がかかってる至仏山をかえりみます。        
       
さすが尾瀬、池塘(ちとう)がたくさんありますね^^        
蓮の仲間がたくさん      
   
木道に案内のプレートがあり、「逆さ燧ケ岳」というばしょから^^        
途中の小川に見える水草^^        
別角度から
       
↓もう少し進んだところから。
 至仏山からぐるっと^^
 
もうちょいで咲きそうな蓮の仲間の花「オゼコウホネ」?「ヒツジグサ」?

↓は、「オゼミズギク」?
 花詳しくないので、ヨロシクです^^;
       
       
木道にある、案内のプレート

ここは竜宮の水が湧き出るところ。
木道の反対側に水が入り込むところがあります。
       
       
こんな魚がいました。        
竜宮十字路付近

左下の山は燧ケ岳(ひうちがたけ)
       
       
「竜宮小屋」(NHKの「小さな旅」という番組でこの小屋出てきてました^^        
竜宮小屋そばのトイレとそこからの至仏山。        
       
1級河川沼尻川を渡ります^^        
橋傾いてます^^      
川下側        
川上側        
燧ケ岳(ひうちがたけ)がだいぶ近づいてきました^^        
   
1級河川沼尻川を振り返ると        
今回のCAMP場「見晴」の山小屋群が見えてきました^^

まず、出てくるのが弥四郎小屋(やしろう)。ここは眺めがよさそうです^^
       
       
見晴キャンプ場は、この弥四郎小屋の建物の間を行きます。        
       
途中に見える小屋は、たぶん見晴キャンプ場の受付&お風呂を使える「燧(ひうち)小屋」        
この先は、ヘリポート。
立ち入り禁止です。
       
←キャンプ場内にあるたぶん公営トイレ棟が見えてきました^^
       
その奥の公営の無料休憩所。        
こんなベンチや荷物置き場があります。
中はこんな感じで、もちろんクーラーないんですが、かなり涼しいです^^
ただし開いてるのは、8時〜5時まで^^;
     
       
見晴キャンプ場は、この2つの施設を使います。
ですが、申し込みは「燧(ひうち)小屋」へ。お風呂も500円で使わせてもらえます。
山としては、当たり前だと思いますが、洗剤・石鹸・シャンプー・歯磨き粉など使えません^^
もちろん、生ゴミ含め、ペットボトル・空き缶などゴミは全て持ち帰りです。
     
       
↓キャンプ場全景です^^
 9時半到着。鳩待峠から約3時間。写真撮りながら、重いバックパックを背負ってたんですが意外と早く着きました^^
 約100張張れるみたいで、山の鼻よりずっといいなと思いました^^
 誰かが、キャンプ道具を干しているのは、トイレの浄化槽の上です。
 特に匂いなどはありませんでした^^
   
   
トイレ
できて間もない感じで
足元は大理石みたいな、超きれいでしたよ。中見たい人だけ
       
キャンプ場から歩いて3分。
これがキャンプの申し込みをする「燧小屋」。お風呂で石鹸・シャンプーなど使えませんが500円で入れます。利用時間は17:30〜19:00
ちなみに、他の山小屋でもお風呂入れないか聞いてみましたが、宿泊客だけみたいです^^;
生ビールとか書いてあっても、食事時は入れてくれない^^;
食事も、できませんでした^^;
     
       
今回思い切って昨日買ったモンベルのトレッキングバック55。
容量が55リッターでこのバッグだけで約2.2kg。モンベルの店の人の話だと2泊ならこのぐらいあった方がいいとのこと。荷物、けっこういっぱいいっぱいだったのでこれにしてよかったと思ってます。片手でやっと持ち上がるくらいのかなりの重さになりました^^;ちなみに今回買ったテントより高額^^;
一番上の部分のトップリッドという部分が取り外せて単独の小ザックとして使えるところが気に入りました。
     
これも、今回思い切って昨日購入したwクロノスドーム1型。
重さ約2.2kgでやや重いのが弱点^^;
冬山には、絶対行かないだろうからこの3シーズンタイプでいいかなと^^ 
この場所に決めた理由は、雨水の流れが通っているところなんですが、比較的平らで、日影で岩をテーブルなどの物置きに使えるかなと思ったからです。
オートキャンプと違って、テーブルも持ってきてないですからね^^
     
     
←向こうに見える左の建物は、トイレ。右は休憩所。

↓無理すれば、二人寝ることができるので、中はけっこう広いです。
でも、大きなバックパックを入れると一杯ですね。
もっと本格的で小さな山岳テントでは、どうやっているんだろうと思いました。

日影に張ったのですが、ここの気温でも中はけっこう暑かった^^; 
     
     
設営後は、お昼を食べに、「ひげくま喫茶」に^^
ここは、「桧枝岐(ひのえまた)小屋」でやってます。
朝は6時から夜7時頃までやっているそうです。
メニューも多くラッキー^^
       
       
中はこんな感じ^^        
いつの間にかジョッキが空にwww
(≧◇≦)プハアア〜〜〜
生きててよかったああw
ジョッキが凍ってて、氷のようにキンキン冷えてました^^
1杯700円ですが、ここまで運ぶ手間を考えると当然ですね^¥^
       
おつまみは、手作りコンニャク玉にゆで卵がついたものがありましました。
冷やし中華もおつまみに^^
       
見晴で最初に出てきた「弥四郎(やしろう)小屋」の清水^^
とっても冷たい^^
尾瀬では、ゴミは全て持ち帰りなので、ペットボトルもうかつには買えません。
捨てる場所ないので。
結局初日持ってきたペットボトルにこの水を使わせてもらって、三日間水筒として使いました。 
     
「弥四郎小屋」から見た至仏山と尾瀬ヶ原。

自分のソフトバンクは、常に圏外。
どこの通信会社かわかりませんが、場所によってつながるところあるとか。
       
 
バックパックから取り外した「トップリッド」だけ持って、身軽にして「三条ノ滝」へ。  
片道1時間半、5.5kmの予定。
 
 
↓途中にある「元湯山荘」あたり。    
   
↓滝に向かう途中のかなり急な鎖場。
 やっぱ尾瀬は、登山なんですね^^
       
       
立札が、「三条の滝」と書いてあるので、「三条ノ滝」かと思い、写真撮りましたが、実はまだ先でした^^;
もしかしたら、「平滑ノ滝」ですかね?
でも、昨日の天気予報だと、夕方から雷雨になるとのことだったので、あせって帰りました。^^;
必要最低限の装備できましたから、靴の中濡らすとまずいので^^;
↓柵がわりの鉄杭が前に曲がってます^^; 
     
       
帰り道、地面が露出し、けっこう滑りやすそうでした。        
帰り道の「元湯山荘」付近。

こっから、まだ40分ぐらいかかるのですが、やばそうな雲がきてます^^;
       
この立札に何が書いてあるかというと・・・

「注意 ミズナラの巨木、倒れやすく危険です。速やかにお通りください。」^^
       
こっちからみると、まあ普通かなと        
行き過ぎ、振り返ってみると、もうけっこうなのが倒れてました^^

行きで見たはずなのに・・・w

↓見晴キャンプ場の方からぐるっと^^
 雲がCAMP場の方から迫ってます。
 後ろは晴れてるのに^^;
       
見晴見えてきました^^        
キャンプ場に帰ると3時頃。
この小さな温度計で気温約20℃。
       
無料休憩所にいたら、こいつが刺してきました^^
何も悪いことしてないのにw
刺してすぐ、お亡くなりになりました。
キャンプ場には、ほとんど見ませんでしたが、ここには入り込んだ虫がいました。
       
昼食を食べたところのお隣の「無料休憩所」へ^^
食事は、加齢ではなくwカレーと牛丼。
生ビールも同じく700円ですが、こちらはプラカップ。
つまみは、↓
5時半には閉めるそうだ。
       
       
←どこかで見たのですが、山岳キャンプでサンダルあった方がいいとか^^
確かに、重くて窮屈な山用靴から解放されて気分上々^^
       
↓パンツは、モンベルの「コンバーチブル1/2」。
 チャックで短パン、長ズボン切り替えできます。
 更衣室がなくてもその場で、切り替えられるのでとっても便利に使ってます^^
 切り取った部分は、左右どちらでも使用でき、薄手なので荷物になりません。 撥水性もあり多少の雨なら大丈夫ですし、通気性もかなりいいです^^
       
       
無料休憩所のつまみを持って、「弥四郎小屋」前のベンチで至仏山などを見ながら一杯^^
(本当は勝手に使っちゃいけないんでしょうね^^;)
透明のペットボトルは、家から背負ってきた激安焼酎w
お茶のラベルのあるペットボトルは、弥四郎小屋にある冷たい清水が入ってます^^
それを、モンベルのチタンのシェラカップ(これも軽量化しようと思って、ヤカン・鍋・コップを兼ねてます。)で水割りで飲む。
至福&至極の時間です^^
尾瀬に来てよかった^^
こんなお友達が、すぐそばに^^

至福です^^
       
歩いて1分、キャンプ場に帰ってきました。ですが、いつもの忙しさがありませんw
椅子は、最低限のものを持ってきました。
食料、火系も持ってきてますが、超シンプルなんですw
岩がテーブルになり、まあまあ役にたってます^^
↓ 座ったまま見えるキャンプ場。
     
       
これも昨日買ったwモンベルのパワーヘッドランプとクラッシャブルランタンシェードL(重さ8g)を組み合わせてランタン代わりに^^
←自宅で、試し点灯。
夜中、真っ暗になるので、ヘッドランプ初めてつかいましたが、かなりいいですね。普通の懐中電灯より軽いし、両手使えるし、見た方が明るくなるし^^荷物も少なくなるし^^
夜中、モンベルの♯7の寝袋にTシャツで寝たら、寒くて起きました^^;フリースなどあった方がいいかもです^^ 
     
2・3日目へ      
home 2016  CAMP REPORTS          
 CAMP REPORTS

You Tubeに投稿した動画
 2016
home
見晴キャンプ場