CAMP REPORTS
 2014
home
見学
しらびそ高原山岳オートキャンプ場
8/1(FRI)  
キャンプ場まで、あと4kmぐらいのところにあるしらびそ峠。

標高1833mと出てます^^

8時13分。気温19℃
 
 
大沢岳方面の登山道通行止めの看板。  
大島河原河川公園オートキャンプ場」から20kmぐらい。
キャンプ場受付のある「ハイランドしらびそ
大島河原河川公園オートキャンプ場と同じ運営会社ですね。
 
ここに宿泊するとすばらしい眺望が見えそうです^^

総走行距離960km

←キャンプ場へは、建物前を直進。
↓反対側
 
 
キャンプ場使用の注意書き  
標高1000m以上ツアー
最後のキャンプ場。
標高は1900mです^^

一番下の方のB1〜6サイト
 
トイレ炊事棟からBサイト全体を見てます。  
キャンプ場中央にあるトイレ炊事棟。  
上にあるAサイト。

1〜10番まであります。
向こうに見えるのはトイレ炊事棟。
 
A2サイト。

あまり広くないですが、リビングシェルS一つなら十分ですね。

炉がついてます。
 
山並みがイマイチ立木で見えません
^^;
 
↓A1の前の道路からぐるっと^^
しらびそ高原御池山・尾高山自然探勝歩道案内図。
古くて、見えないところあり^^;

泊まろうかどうか悩んだんですが、なぜか泊まる気になりませんでした^^;
後でラジオで知るんですが、この後、この地区大雨洪水警報^^
 
まだ、時間があったので、次のキャンプ場を探しました。
でも、その前に、以前行こうとして、道が通行止めでいけなかった「日本のチロル」と呼ばれている天空の里「下栗の里」へ行ってみることに^^

途中にあった御池山クレーター
 
 
案内図。

どこがクレーターなのか、言われてみればという感じでした。
遊歩道もあるみたいです。
 
天空の里」のビューポイント入り口あたり^^

駐車禁止なので、車は下に置いてきます。
 
 
地区の人が自発的に作ってくれた「まごころの杖」^^  
ビューポイントまでの道を維持していくための募金箱。  
すれ違うのも大変な道幅です。  
ビューポイントが見えてきました。
15分くらい。
 
↓ビューポイントから
ちょっとズーム。

ビューポイントももちろん手作り^^
 
 
ビューポイントの上を見上げると巨大な石が^^;

木の生え方も見てください。いかに急な斜面にあるか。
 
道に落石もあるみたいなので、要注意です。  
ビューポイントの上から見たところ。  
帰り道。

急な斜面が続きます。
 
下栗の里、食事処の「はんば亭」

ここへは、しらびそ高原から来る道と上町の方からくる道がありますが、どちらも細く険しい山道なので要注意。
 
 
↓はんば亭の駐車場から^^近場にいいキャンプ場見つからないので温泉入   って帰ることに^^;前にも書きましたが、この後大雨洪水警報がでたので、  正解でした^^  
 
上信越自動車道、東部湯ノ丸ICより10分の「湯楽里館」へ^^
 
露天風呂から下のような風景が見えます^^
大人500円
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、打ち身、捻挫、冷え性
 
自宅まで、総走行距離1420km^^

標高1000m以上ツアー、なかなかいい旅でした^^
 
 home  2014  CAMP REPORTS