2012
道立オホーツク公園 オートキャンプ場てんとらんど
7/25(WED) 北海道4日目

国設知床野営場から移動。
知床五湖ガイドツアーの関係で、短い距離しか移動しませんでした。
 
事前に調べておいた、国設知床野営場に送迎してくれるガイドツアー(知床オプショナルツアーズ SOT!)に昨日電話^^
一人だったので、入れてもらえました^^

今、ヒグマ活動期なので、知床五湖の一湖以外は、ガイドのいるツアーに入らないと行けません^^;
ちなみに料金は5000円くらい。(一部は、知床半島の植樹の費用になるそうです。)
 
送迎車の中から、撮影^^

左は、「プユニ岬」あたりから^^

下は、「岩尾別温泉」あたり。

今日は、雨の予報が、おおはずれwww
 
 
知床連山が見える、駐車場。

たしか410円^^
 
知床五湖フィールドハウス。

ここで、見学用紙に記入し、研修を受けてから、ガイドツアーに入らないと、知床二湖〜五湖は、行けません^^;
 
ついてそうそう、ヒグマ出没情報が入り、ツアーは解散することに^^;  
最低二時間は、様子をみるために、遊歩道は閉鎖されるようです。

二時間以降あとの、当日受付のガイドツアーに申し込みました。
これは、送迎がないので、知床野営場に戻り、自分の車で出直しです^^;
 
解散になった、ツアーの人が、キャンプ場まで無料で送ってくれることに^^

昔、開拓したところに、笹が生え、笹があると木が生えなくなるので、ガイドツアーの料金の一部を使って、植樹しているそうです^^
 
鹿が道路そばに^^
ヒグマもいるけど、鹿もいますね。
自然たっぷり^^
 
また、「プユニ岬」あたり^^

ガイドさんの話だと、昔のように熊を撃たなくなったので、人間を怖がらなくなってきているのと、数が増えてきているので、目撃情報が増え、ツアー中止が増えているそうです^^;
 
キャンプ場に戻ると、九時半。

自分の車に乗って、知床五湖の駐車場着が10時。

30分弱、15.4kmでした。

気温27℃
 
まだ、時間があったので、パークサービスセンターへ。
お土産売ってます^^

下の画像のようなソフトクリームあったので、ダイエット中でしたが、おいしくいただきました^^;
 
 
時間になったので、フィールドハウスへ^^
ガイドさんが決まり、料金を払い、
左の画像のような、研修終了直後!!
受付のお姉さんが入って来て手で×印^^;
また、同じ場所でヒグマ出たので、ツアー解散です。
 
調査のため、この次ツアーの予定は立たないようなのであきらめました^^;

木道で、「一湖」までは、いつでもいけるので、
気持ちを切り替え、木道一直線ww

この木道、熊がよじ登りにくくなってるのと、電気が通っているそうですが、過信は禁物だそうです^^;
 
せっかく、いい天気なのに^^;  
左、海も見えました。

下、「一湖」

知床連山が写ってとてもきれいでした^^
 
 
一湖のそば。
遊歩道方から、熊を入れずに木道に上がるしかけ。

向こうから来る人だけ通れて、こちらからはいけません^^
 
見学終わると、12時近く。

27℃。
 
「オシンコシンの滝」をちょっと見て^^  
「てんとらんど」到着^^

ここまでの今日の走行距離110km。

知床での、待ち時間がもったいないですが、それが自然なのでは、しょうがないですよね^^
 
入口付近。

入ってすぐ右には、パークゴルフ場^^
 
 
受付^^  
なんとマウンテンバイクは、無料です。

ゲートは壊れているそうです^^

ゲートそばの花壇には、ラベンダーが^^
 
 
オホーツクの海岸が見えます。(マイサイトからも見えたんですが、天候がいまいちになり、あまりいい絵をとれませんでした^^;

雨の予報は伊達じゃなかったですね^^;

下は、オホーツク公園全景^^
 
オホーツクの海が見える、P9をチョイス^^

立木が微妙に影響して、海が見えないプライベートサイトがけっこうありますね。

このサイトも、この奥の方に設営しないと。海は見えなくなります^^;
各角から、マイサイトの画像。

本当は、リーズナブルなフリーサイトにしたかったんですが、小学生の団体が使っていたので、プライベートサイトにしました^^;
 
すぐ、そばに炊事場。  
炊事場の右側。  
設営ほぼ完了^^

周りをぐるっと^^

リビングシェルSを土手側に寄せたのは、こちらのほうが、立木に邪魔されず湾が見えやすいので。

電源+シンク付(炊事場近いんですが)でソロだと3400円www
 
 
 
設営完了時、3時42分。

24℃

温泉にいきます^^
 
温泉は、網走湖荘。

その名のとおり、網走湖のそばにあります。

たしか500円でしたが、豪華温泉ホテルのお風呂でした^^
洗い場は、20前後あったと思います。

入口は、もうちょい奥の方です。
 
 
帰る途中、別ルートをとると、網走監獄(観光地)がありました。  
マイサイトに戻ると、ちょっとオホーツクが見えてました^^
晴れていれば、山並みも見えるんですが^^;

今日の総走行距離124km
 
5時ちょい前、約25℃  
キャンプ場案内図。

クリックすると拡大します^^

この図は、公式HPにもあります。
 
キャンプ場探検に出かけます。

マイサイト(P9)そばのキャンプファイヤー場。

今晩7時から8時まで、小学生の団体が使うそうです。
 
ロッジ4〜5人用  
近くで^^  
ロッジ6〜8人用  
別角度から^^  
BBQハウスそばのトイレ  
手前の建物がBBQハウス。

向こうのブルーシートをかけた建物は、炊事遠足広場という名前らしくて、小学生の団体が、夕飯を食べていました^^
 
BBQハウスとBBQコーナー。  
 
BBQの網などを洗うところ^^

↓ビーチバレーコート。
 奥にわんぱく広場。
 いろんな遊具がありました。
 
 
左、3on3バスケットコート。

左下、基幹休憩舎

下、サッカー場。
 
 
フリーサイト。

ほとんどのテントは、小学生の団体のものだと思います。

レンタル品かな?
 
 
道路の白線の内側に車を停めることができそうですね^^

こういう、フリーサイト用の駐車スペースが、まわりにけっこうあります。

フリーサイトの、そばにティピっていうのかな、円錐形のテントがありました。
これは、宿泊用ではないんでしょうね^^
 
 
プライベートサイト。

下は、P1、P2サイト。
 
 
トイレ



オートライトです^^
 
P19、P20サイト。  
P19サイト。

区切りが、駐車スペース以外特にないんですが、奥もかなり使えるので、とっても広い。

下は、P18サイト。
 
 
左、P16あたり。

左下、P14、P13あたり。
P13が一番眺めがいいかも^^

下、P14からP17、P18の方を見てます。
 
 
P14から、湾を望みます。  
受付で、「薪を売って下さい」と言ったら、薪置き場にあるのをいくらでもどうぞということでしたww
「たき火してもいいですか?」と聞くと、「ハア?」という感じでした。
「もちろん、たき火台使いますが」「あ、ああ、どうぞ」という感じで、やっぱ、こちらではたき火する人あんまりいないんでしょうね^^
 
針葉樹の薪が多かったんですが、広葉樹もいくらかありました^^

無料ということもあり、たっぷりある(ここの他にも薪置き場いくつかあり、炊事場にもけっこうありました。)ことでもあり、太いのを選んで、豪勢にたき火しました^^

今回は、キャンプファイヤー場のそば(関係ないかww)ということもあり、井げた型に組んでみました。いつもは、山形なんですが^^
 
 
小学生の団体が、キャンプファイヤーを始めました。
なかなか火をつけないんだなあと思っていたら、
「あそこで、火もらってくるから〜〜」という声がして

お兄さんが松明(たいまつ)持って、

ライターで火がつかなかったとかで^ww
 
結局、湿ってるらしく、もう一回火を取りに来たんですが、つかず、管理人さんに灯油もらったみたいですww  
着火おめでとう^^  
キャンプファイヤーが終わると、遠く、湾の方に夜景が見え始めました^^  
炊事場とマイサイトの様子。  
 
シンクで歯磨きしてねます^^  
7/26(THU) 北海道5日目  
朝の気温21℃ぐらい。  
7時半、撤収完了。

今日も300km以上走るので、早めに出発^^

次は、日本最北端の宗谷岬のある稚内市道立宗谷ふれあい公園オートキャンプ場です。
 
  2012