2010
 CAMP REPORTS
国設薬研野営場

こくせつやげんやえいじょう

7/25(SUN)
東北地方2泊目。

種山高原 星座の森」から約350km

薬研温泉の看板が見えてきました。

ついに、1度は来てみたかった下北半島にやってきました^^
野営場入口の看板。

見落としやすいです。
野営場入口

国設ですが、むつ市が管理運営しているようです。
場内案内図

クリックすると拡大します

ちょっとわかりにくいと思います。
設営場所を決めるために、場内を一周すると、突然アブの大群に遭遇^^;
20匹ぐらいいたでしょうか?
最初は、ハエかと思ったんですが、アブでした。
開けっ放しにした窓から10匹以上入ってきました^^;
幸い、刺されることはなかったんですが、道を隔てた駐車場の方までついてきました。
晴れてましたが、午後1時半で気温は24℃。

涼しいです^^
管理棟。

オートキャンプ場ではないので、本来なら車は道の向こうの駐車場に置かないといけないんですが、
「すいてるから、広い道のとこなら、車停めてもいいよ」とのことでした^^

宿泊費、大人500円子ども300円で、めちゃリーズナブル^^
ロッジと呼ばれている建物。
トイレもあります。

この建物の右あたりにアブの大群がいたんです。

最初に襲われたきり、あとは、ほとんど来ませんでしたが。

下の画像は、喫茶室。
笑ってる顔に見えるのはわたしだけ?www
雨の時などに利用するところなんでしょうね。
管理棟前のテントサイト。

区分けはしてありません、全面フリーサイト。

真ん中の道を境に、2か所あります。

一人先客がいました。
すぐ、お隣を、薬研林道という道が通っているんですが、車とかはほとんど通らないだろうとここに決めました。
日陰で、トイレ、炊事場が近いところにしました。
この並木沿いが、薬研林道

道の向こう側にある、駐車場も兼ねたもうひとつのテントサイト入口。
トイレ



きれいでしたよ。
ここは、車どこに停めてもいいそうです。

ここも全面フリーサイト。

砂利のところと、草のところがあります。

建物は、炊事棟。
ここにしようかと思ったんですが、ちょっと寂しさを感じ、また、妻がメールで毎日のようにのことを書いてくるので、ちょっと不安になり・・・・^^;

実際、今年はけっこう熊の被害のニュースが流れてるみたいです。
炊事棟。

下の画像の流しは、茶色に錆びてるわけでなく、上の木が写っています。
炊事場から、マイサイト。
案内図では、飲料水と書いてあるあたり。
りっぱなゴミ捨て場^^
ゴミ集積所の奥に、炊事場とテントサイトがあります。
このテントサイトは、案内図にありません。
岩が置いてあり、ここは、完全に車は入れません。
ゴミ集積所、飲料水のそばのサイト。
これが、飲料水。

見ればわかるけど、枯れてますww

湧水だったんですかね?
管理棟からマイサイト。
野営場そばの、薬研渓流観察コース

クリックすると拡大します^^

5.4km2時間のコースです。
気温は低くても、やっぱ暑いので、一度は行ってみたかった大間崎に、行ってみることにしました。

きれいな海岸線が続きます^^
むつはまなすライン
着きました大間崎。
「ここ本州最北端の地」と書かれた碑^^

カモメが上にとまってます。

キャンプしてなければ、来ることなかったでしょうね
本州最北端のおみやげ屋さんもありましたwww
ちょっと裏に、大間崎テントサイト。

炊事場、トイレ、無料駐車場がありました。

泊ってる人はなく、子どもたちがサッカーやってました^^;
薬研に戻ってきました。

渓流観察コースの一部。
ここは、野営場をさらに奥に行ったところにある、奥薬研修景公園にある、「かっぱの湯」
かっぱの湯を橋の上から見たところ。

湯は、画像のほぼ真ん中辺。

ここまで、野営場から車で3分ぐらい。
「かっぱの湯」のさらに奥にある、「夫婦かっぱの湯」に入りにきました。

左は、レストハウス。
左下は、無料の足湯。
下は、温泉への通路。

大人200円、こども100円です。
左、男湯入口。

左下、石鹸シャンプー使用禁止です。要するに入るだけw

下、かっぱの像。
男湯です。

すぐ下に川が流れてます^^

この石垣がないほうがいいなと思いました^^
脱衣所
ここにもアブがいました。

で、こんなものが。

アブがいると、ゆっくり入ってられません。
キャンプ場に戻ってきました。

座って、見える風景。

左の画像、左側。
左下の画像、前。
下の画像、右側。
6時、着いた時と変わらない気温24℃。

涼しいですね。
薪購入。

上の赤い紙がついてるのは、持ってきたジョイフルホンダの薪。
下が野営場で250円の薪。ちょっと使いました。
薪の束の幅は、ほぼ同じですが、野営場のが、長いです。
安くて量があっていいんですが、音がすごく、よくはぜました^^;
夜の炊事場。
夜のマイサイトをぐるっとひとまわり。

奥の明かりは、管理棟。
奥の明かりは、炊事棟
奥の明かりは、トイレ。
月が見えてました。

山並みがきれい^^
道路側からマイサイト。

この日、最初にいたソロテントの人とうちだけかと思ったんですが。
平日にもかかわらず、バイカー5人、車4組になりました。

焚き火してるのは、うちだけでしたがw
7/26(MON)
朝の気温18℃。

涼しい^^
テントが増えてます。
こちらは、車中泊のようでした。

下の画像は、野営場そばの橋の上から見たところです。
9時前に、撤収完了^^

他のキャンパーは、もういませんでした^^
いざ、一度は行ってみたかった恐山へ

途中の川、硫黄でしょうか、黄色くなってました。
「三途川」にかかる太鼓橋。
悪人は、渡れないそうなので、渡るのやめましたw

と、そばにある石像。

下は、入り口。
ここで入山料500円を払います。
場内には、4つの温泉があるそうですが、下は「薬師の湯」
恐山らしい風景が続きます。
亜硫酸ガス注意の看板と「賽の河原」
「胎内くぐり」と「地獄」
「五智山展望台」の眺め
入り口の駐車場付近。

恐山をあとにして、次の、東北3泊目は、「三沢オートキャンプ場」へ^^
 2010  CAMP REPORTS