2010
 CAMP REPORTS
清和県民の森オートキャンプ場
3/27(FRI) 朝、ファンヒーターの前から離れようとしない妻が、真冬のキャンプに行くと言い出したから驚きwwwどうなることやらw
9時出発。
今回は、ナビ通りアクアラインから行ってみようということで、首都高へ。少し渋滞があり、10時40分大井PAでトイレ休憩^^
自宅から木更津へ行くには、首都高を通った方が20〜30km近いみたいですが、渋滞覚悟でこちらを周ってみました。
思ったほど渋滞は少なく、以前なら、アクアライン3700円ぐらいでしたっけ?今は800円(ETCで?)ぐらいで通過^^
勝浦と鴨川のキャンプ場を見学してから来たので、到着は2時半頃になってしまいました^^;
画像は、お隣の「ロマンの森」のお風呂に妻を落っことしてからの国道410号線の入り口付近です。
鴨川や勝浦から来る場合は、反対側から来ることになります。

君津ICから30分。
アクアライン木更津からでも40分くらい。
パンフレットより切り抜き^^
クリックすると拡大します。
キャンプ場の周辺図です。

散策コースとダブって、ちょっとわかりづらいですよね^^;
キャンプの受付は、現地の管理棟での看板がありました。

向こうにトンネルが見えますw
このトンネルをくぐります。車1台分の幅です。
途中にある、遊歩道の休憩用の東屋。
遊歩道入り口。
こういうのがあちこちにあります。
1泊でなければ、ゆっくりと歩いてみたいと思いました^^
ほとんどが車1台分の幅の道路。

自然保護の観点から共感がもてます^^
キャンプ場(普通のキャンプ場のも兼ねてる)管理棟。ここで受付です。

係りの人は、非常にていねいに受け答えしてくれました。
オートキャンプ場は、貸切みたいで、係りの人は、3時半にはいなくなりました^^;

用があるときは、入り口付近の、「木のふるさと館」かロッジ村に行ってくださいとのことでした。
夜は、もちろんここは不在です。
ロッジ村には、夜も宿直の職員がいて、19時と22時に見回りにくるとのことでした。
近くに売店もないので、アルコールを飲んだあとは、この自販機が頼りですw
こんな橋を渡ってきます。

橋の向こうに見えるのは、たぶん、オートでないキャンプ場の車置き場(別名駐車場)+トイレ。

総数11のこじんまりとしたサイトです
オートキャンプ場入り口付近から。

結局、設営開始は3時を過ぎることになりました^^;
今回は、貸切状態ということもあり、係りの人は、「好きな場所を選んであとで知らせてください。」とのことでした^^
日当たりのいい場所は?と聞くと、7〜9番あたりだということでした^^人気があるみたいです。
妻の要望で、8番をチョイス^^
私は、奥の7番がいいかなと思ってたんですが、8番で正解でしたw
向こうが谷になっていて、山並みが見え、見晴らしがよく、自然がたっぷりでいい感じです。

この谷の方が、北。
お隣の9番から^^
低木のしきりがあります。
枕木のキッチンついたての裏には、ブレーカーが・・

10A(525円)だそうで、落ちたら、ここを上げてくださいとのことでした^^
備え付けの炉。

使用後、水をかけてはいけません。
たぶん、割れてしまいます。

今回炉としては、使用しませんでしたが、ちょっとした物を置く場所として重宝しました^^
備え付けの流し。

石なので、熱いものも置け、広くて使いやすかった。
流しそのものもかなり大きい^^
しかも流しの上にライトが付いていて、けっこう役にたった^^
サイト内から周りの風景。

まずまずのところですね。
他のサイト見学^^

左と左下、9番サイト。

下、10番。
左と左下、11番。
ここが一番、トイレに近い^^

下、灰捨て場。
管理棟そばのトイレ。
自動的に電灯がつきます。(オートライト)

男小で、ゆっくりしていると、電灯が消えましたw(消えるのもオートライトw)
弱点は、男女兼用^^;
トイレ評論家wの妻には不評かと思いきや、きれいだと満足してましたww

入り口付近にこんな看板が^^;

まあ、今はいないでしょうw
左、1番。

左下、2番。

下、3番。
3番サイトにある、ピザ釜。

有料です^^
左、4番。

左下、5番。

下、6番。
7番。

こちらの1〜7番は、上に道路があり、交通量は、ほとんどないんですが、テントで寝ているときに、上を車が通ると気になるかもしれません^^;
写真とか撮りながらの設営で、4時半になっても全部終わらず、5時に妻とお風呂で待ちあわせをしているので、ここで中断。
管理棟で買った、100円割引の700円の券を持って「ロマンの森白壁の湯」へ^^

サイトは、広いですね。ちょっと、木や炉が邪魔になりそうですが、リビングシェルSだけだとかなり余裕があります。
清和の森から2.2km
ロマンの森「白壁の湯」
お風呂の前に大きな、白い岩の壁があるのが売りみたいです。(夜はライトアップされるそうです)
湯船・露天風呂は小さく、4〜5人ぐらいでいっぱいになりそ^^;
洗い場8。
おもちゃみたいなドライヤーが男湯1、女湯2^^;
帰りに、管理棟を行き過ぎて、奥のロッジ村の見学に^^

左は、キャンプ場の管理棟。

左下は、ロッジ村の管理棟。

下は、BBQ場かな?
燻製ハウス、有料です^^
三角屋根のロッジ。
左、やや丸みを帯びたロッジ。

左下、ロッジ。

下、トイレ炊事棟。
トイレあたりから、向こうに管理棟。

車は、ランクルのあるあたりまでです。

荷物は、運ばないとだめです^^;
マイサイトに戻ると、もう夕ぐれ時。

日没がが遅くなってきたとはいえ、夕暮れは早いです。

妻がDVDも見ないでがんばってますw

ここは、夜10時まで、街灯が点灯します。
いつもの炭火のBBQと、鍋。

鍋の名前は「冷凍庫の奥にあった忘れかけていたつみれ鍋」だそうですw

食事が終わると、もう、0.6℃^^;
夜のオートキャンプ場の様子。
妻は、DVDタイムw

私は、男のロマンを求めて、焚き火^^

10時に管理人さんまわってきて、「もう、火消してください。」
ここは、火は、9時までみたいです^^;
街灯は、10時に消えました。
気温は、氷点下に^^
3/27(FRI)
朝、リビングシェルの中は、氷点下3℃。
外は、氷点下5℃

妻は、電気毛布MAXにしていたので、汗をかいたとか言ってました。
一人では、寝袋のチャック開けられないみたいですww
温暖で知られる千葉県の房総で、こんなに気温が下がるとは思いませんでした^^

どこも真っ白w
まわりの様子。

ちなみに雪は降ってませんww
寒いのに、お隣のオートじゃないキャンプ場に行ってみることにしました。

荷物の積み下ろしでは、車を道路に置けそうです。
炉がついてました^^
左、BBQ場かな?

左下、キャンプファイヤー場

下、炊事棟
たしか、大きいサイト900円。

小さいサイト600円。

めちゃリーズナブル^^
トイレ棟。

オートキャンプ場より、大きいし男女別^^;
キャンプ場に1組宿泊されている方いました。
サイト数けっこうありました。
霜柱が元気よくww
妻は、寝ていることだし、オートキャンプ場のまわりの道路をぐるっと周ってみることにしました。
途中に遊歩道の入り口が^^
歩いてるうちに、妻が起きそうなので、車で和みの森へ。

ウッドデッキがあり、遊歩道がありました、
せっかくだから、滝へ^^

左、滝見台

左下、滝見台への道。

下、滝見台から見える、豊英大滝(落差5mくらいかな)
滝のそばの「渕ヶ沢橋」とそこからの風景^^

キャンプ場のチェックアウトは、10時とちょっとはやめ^^;
帰りは、またもやアウトレット(横浜ベイサイド)

清和のキャンプ場から、アクアラインを通って、1時間20分で着きました。
ヨットがいっぱいあって、きれいなとこです。

妻の放牧タイムは、3時間w
 2010  CAMP REPORTS