CAMP REPORTS
2009キャンプリポート
09平湯キャンプ場
07平湯キャンプ場レポート
3/27(FRI)
前日のACNあさまの森オートキャンプ場より140km。

平湯へは、ここを左折し、長〜〜い有料トンネル(750円^^;)に入ります。

上高地へは、相変わらずマイカー規制中。
タクシーかバスで行くしかありません^^;
見張ってる人もいるしw
有料トンネル出口あたり。
さっきの交差点から5分くらい、道の左側に管理棟があります。

山がきれいで、これからのキャンプを予想させます^^

このキャンプ場には、2007年(一昨年)キャンプを始めたばかりの頃、訪れました。その当時は、こんなHP開くとは思ってなかったので、ろくなレポートになってません。装備もタープだけで、車中泊^^07平湯キャンプ場レポート
受付すると、左のような入場券もらえます。
これがないと車で入場できません。

右は領収書。薪2束1000円とすぐ下の「ひらゆの森」温泉の割引前売り券400円入れて合計3290円の領収所。キャンプ場ガイドの210円割引あり^^
要するに、ソロだと宿泊費2100円w
管理棟そばのバンガロー群。
テントサイトは、道の反対側。

R158を渡ります。
テントサイト入り口

左下、入場券を入れないと入れないゲート。

下は、場内案内図。
クリックすると拡大します。
こんな札があちこちにあります。

停めたくてもむりっ!です、クイを乗り越えられませんww
平日なのにけっこう混んでました。

50%前後ですか?

選んだサイトは、狭いのであいていた感のあるこのサイト。駐車スペースもぎりぎりです^^;ここのキャンプ場で広さをもとめないほうがいいと思います。

プライベート感があるけど、景観がまずまずで山もちらほら見える^^
左、サイトのクイ。と笹の向こうは、他の家族のサイト。

左下、下から見たサイト。

下は、すぐ下のサイト。ここに他の家族が入られちゃうとプライベート感は全くなくなります^^;
幸い、ここもかなり狭く、どなたも来られませんでした。
上を見ると、大木が・・・^^

高〜〜〜い^^

この木の大きさが、キャンプ場の歴史を感じさせます。
各サイトには炉が設置されてます。
この炉は、移動できません。
位置は、はっきり言って適当っぽいw

直火もOKです。
設営完了。

いろいろな角度から^^

自然がいっぱい^^
ドアパネルオープンし、座った位置からの景観^^
1時43分。

27℃。湿度50%
松本は、29℃でした。


今年の夏は、涼しい日が多いので、普通は、もっと暑いのかも^^
サイトのちょっと上にある、オートキャンプ場のちょうど中央付近にある炊事場。

ここは、歴史を感じさせます。

それなりに使えます。
我がサイトの下にある、トイレ&炊事場。
ここは、まずまずですね。
トイレ

トイレ内の洗面所
設営で汗をかいたら、温泉に(o ̄ー ̄o) ムフフ

車で5分。ひらゆの森

キャンプ場で前売り券を買うと100円引き^^
400円で入れる温泉としては、最高^^
露天風呂もいいですよ。
平日昼間から、けっこう混んでますね^^;
ここには、入り口付近に無料の足湯があります^^
d(⌒ー⌒) グッ!!
温泉を出たら、平湯バスターミナルへ。

ここは、駐車時間90分で、買い物のみなので、上高地(07Photoリポート)に行くには、別の駐車場に車を置く必要があります。上高地へのマイカーでのアクセス参照。沢渡駐車場をすすめていたように思います。
キャンプ場に戻ります。

キャンプ場から、歩きか自転車でこれます。

坂はきついですが^^
帰るともうこんな時間^^;

気温は約20℃。

風呂上りは、( ̄▽ ̄)=3 プハァー
しかありませんw
生きててよかった〜〜と思う瞬間w
薪500円。
2束購入^^
そろそろ、灯りの目立つ時間^^

最近、好きな、串付フランク(激安)の炭焼きw
夜のサイト。
いろいろな角度から^^
夜のキャンプ場の様子。

左は、炊事場。
炊事場兼WC
ストロボ使ってないので、ピンボケ多いですが。

雰囲気感じ取ってもらえるといいかと思います。

場所は、はっきり言って迷路みたいなキャンプ場なのでよくわかりません^^;
ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

景色が見えなくなったら、やっぱ焚き火ですね^^
上をみると緑の葉が^^

気温は15℃前後^^;
冷えてきました^^
3/27(FRI)
朝、14.7℃

朝、暗い木々の隙間に、山並みが浮かびあがります^^
朝日が眩しい^^
今日もコットで寝ました。

これが、片付け簡単^^
場内の見学。

まずは、我がサイトの周辺、キャンプ場の中心付近から・・・

場所は、聞かないでください。
雰囲気を感じていただければ^^
入り口付近から・・
バイカーのソロテントが多いところ。
炊事場。
隣接されている、常設テントエリア
もう一度入り口付近にもどって、オートキャンプエリアを、逆時計周りに、場内を歩いていきます。

ここは、広い^^;

しつこいですが、ここはどこって?聞かないでください^^;
平湯キャンプ場ともお別れです。

画像は、R158より、管理棟。

このキャンプ場は、宿泊するサイトによって、ぜんぜん違う雰囲気を味わえるところではないでしょうか。
次に、来る時が楽しみです。
トンネル出口の交差点。

山並みがきれい^^

右行くとトンネル。
まっすぐ行くと、平湯バスターミナル。
左が次の奥飛騨温泉郷オートキャンプ場(09リポート)。
奥飛騨温泉郷に行く前に、新穂高ロープウェイへ
2009キャンプリポート  CAMP REPORTS